スポンサーサイト

  • 2016.11.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


はじめの一歩。証券口座開設の流れを知ろう

 
投資をはじめるときに、まず必要になるのが証券口座。

今回は、初めの一歩として、口座開設の流れを見ていきましょう。

面倒くさいようですが、実は…。

http://feedproxy.google.com/~r/allabout/all/~3/v4xt6xIsJfU/



株のもつメリット

 
株式を公開すると言うことは会社にとっては非常にメリットのあることです。


たとえば、上場していると言うだけでも信用につながります。しかしそれ以上に非常にローリスクで資金を調達できると言うこともまたメリットです。


では資産家、投資家にとっての株を買うメリットというのは何でしょうか。
株はその会社に対して投資をするものです。その代わり株式を発行している会社は株を持っている人に対して利益を少しだけ還元してくれます。これはもちろんその企業の業績によって変動します。


それ以外にはその会社の製品やサービスを安く受けることができます。場合によっては無料券などの場合もあるでしょう。


そして、今では個人の間にも浸透している株式売買による差益を得ると言うものです。これは値が上がりそうな株を選んで買い高くなったら売ってしまうというもので配当金や株主優待をねらったものではありません。

この方法はリスクを伴いはしますが、配当金や株主優待に比べて大きな利益を得ることが可能です。しかし、この差益をねらう方法は株に対してある程度ちゃんとした知識を持っていないと非常に危険でギャンブル的要素も持っていると言うことは念頭に置きましょう。


 


ルールに従ってトレードしよう!



投資で大切なことの1つに、「自分のルールを守る」ということがあります。

しかし、これ、案外できないものなのです。

ではどうすればできるようになるのでしょう?


http://feeds.feedburner.jp/~r/allabout/all/~3/4739694/


 


株式の公開とは

 
日本にはたくさんの株式会社があります。しかし、その全ての株式会社が株式を発行し資金を調達できているわけではありません。証券取引所での審査に受かることのできた企業、つまり上場できた企業だけが株式を公開し、不特定多数の人に株式を発行し出資してもらうことができます。


東証1部または2部といった言葉を聞いたことがあるでしょうか。東証1部の審査は非常に厳しく選りすぐられた企業だけが集まっています。証券取引の違反などには非常にチェックが厳しくすぐに上場を廃止されてしまいます。


株式の公開を左右する証券取引所では実際の株売買の取引が行われている場所で、お金を集めたい企業と出資したい投資家の間に入っているものです。


日本の証券取引所は東京以外にも大阪、名古屋、福岡、札幌にもあります。そのため、東京以外の取引所の動きもある程度チェックしておく必要があるでしょう。また、地方の証券取引所にとっては東京の証券取引所の動きはチェックしておくべきです。もちろんですが、自分の持っている株には関係ない動きにまで目を光らせる必要はないでしょう。


株の本来の目的はその会社に投資をすると言うことです。あくまで株式を売買することで得られる利益は本来のものとは違った投資法なのですが、今ではこの取引がメインに思われるようになってしまっているようです。


 


株取引とは

 
株取引というと縁遠く感じてしまう方も少なくないのではないのでしょうか。しかし、株取引は一度仕組みが知ってしまえばとても効率よく資産を増やすことができる物です。


今では定期預金ですら微々たる利息しかつきません。確かに安全な方法ではありますが、実際に資産を増やすと言うことを考えるのであればやはりもっと積極的な資産管理運用が必要でしょう。
株取引で自己破産をしてしまうような例というのは株のことを知らないままで投資してしまっている人たちです。


株は一攫千金をねらう物ではなく計画的に資産を増やすための物です。また、株取引に生活費を費やすようなことというのは非常に危険です。実際、初めて株取引をするのにいきなり成功できると思ったら大間違いです。株は余裕資金を使って行いましょう。


株取引をすることで得られる利益というのは株を売ったときの差益を得るものです。つまり安いときに買って高くなったら売る、これの繰り返しです。単純に言えば安く買って高く売るということです。これもまた見極めが必要で下落していてこれからあがってくる株を選ぶと言うことが株で成功するためには必要です。

つまり、情報やチャートなどを見て判断を自分で行う必要があるのです。


株の初心者ための株の買い方


 株の本質、それは安く買い高く売ると言うことです。つまり高い優良株は確かに安全かも知れませんがそれも下がる可能性を持っているのです。

株を買う上でもっとも大切なことは今は安いか、そして買ってから株価が上がるかどうかです。最もこれは非常に当たり前のことなのですが。

また、ギャンブルという側面で株を見ると公営ギャンブルに比べて胴元の取り分が小さく投資家への還元率がとても大きいという点です。

株でもなんでもそうですが、基本的には勝っている人はこれから負ける、そして負けている人はこれから勝つ可能性が高いでしょう。

しかし、実際の所は負け続けの人と勝ち続ける人がいます。つまりどういう事かというと、株価が上がる前に買いあがってから確実に売っていると言うことでしょう。それができれば誰も苦労はしないのですが、未来の株は分からなくても過去を参照することはできるのです。

そうやってデータを蓄積していくことで株では勝ち続ける事ができる人が実際に存在しているのです。

まずは、勝っている人の買い方を参考にするのと過去のデータを参考にして実際に買う前に調べてみることも必要かも知れません。もちろん、タイミングもまた重要です。


株初心者のために


 株の取引などと言うと初心者や知らない人などは緊張してしまうかも知れません。また何も知らない初心者が適当に銘柄を選んで成功できるほど甘い物ではないでしょう。そこで基本的な事柄を幾つかあげてみましょう。


まず、一つめに言われているのは小資金で始めることができると言うことです。投資目的で不動産を飼った場合には最低でも500万や1000万は資金が必要になります。しかも、仮にこの金額で用意できたとしても物件は一つしか買えないでしょう。万が一、その物件で誰も借りてくれなかった場合を考えると恐ろしいことになるでしょう。


それに対して株式投資では100万円からでも複数の銘柄をチョイスすることがでいます。たとえば20万ずつ5銘柄買うと言ったこともできるのです。こうしてリスクを分散することで損害が出た場合にも小さくすることができます。また、投資信託などなら毎月1万2万程度の金額でも投資することができるのです。


また、株式投資ならインフレ対策として貯金をするより有効です。仮にインフレが起こってしまった場合に貯金はインフレの影響を受けてしまいます。しかし株価の場合はまたインフレの影響で株価も変動するので損をする可能性が小さくなるでしょう。


もちろん、投資としての側面を持っている株をダイレクトに貯蓄としてとらえることはできません。あくまで自分の持っている株をチェックし、運用することが求められるのです。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
オススメ
アクセス
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 100名限定!山根先生の「日経225ミニ」シークレットセミナーDVDついに公開
    みっくみく (08/29)
  • 100名限定!山根先生の「日経225ミニ」シークレットセミナーDVDついに公開
    めたぼ (07/15)
  • 100名限定!山根先生の「日経225ミニ」シークレットセミナーDVDついに公開
    ケイコとまなぶ (06/12)
  • 100名限定!山根先生の「日経225ミニ」シークレットセミナーDVDついに公開
    紳士28号 (06/03)
  • 100名限定!山根先生の「日経225ミニ」シークレットセミナーDVDついに公開
    リンデル (01/14)
  • 100名限定!山根先生の「日経225ミニ」シークレットセミナーDVDついに公開
    ガトリング白銀 (01/08)
  • 100名限定!山根先生の「日経225ミニ」シークレットセミナーDVDついに公開
    サキューン (12/29)
  • 100名限定!山根先生の「日経225ミニ」シークレットセミナーDVDついに公開
    こういち (12/25)
  • 100名限定!山根先生の「日経225ミニ」シークレットセミナーDVDついに公開
    ポリエモン (12/20)
  • 100名限定!山根先生の「日経225ミニ」シークレットセミナーDVDついに公開
    きんちゃん (12/16)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM